応援中


リンク



月別アーカイブ


カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COYOTE


コヨーテ(佐野元春)


恐らくは私の人生に最も影響を与えたであろう偉大なるロックンローラー、佐野元春氏の新譜が発売されました。
前作「THE SUN」から3年ぶりというということですが、なにしろ「THE SUN」がものすごいパワーのある作品だったので、私にとって3年間はあっという間でした。
まださっき届いたばかりなので数回聴いただけですが、今回も素晴らしい出来のようです。個人的な話ですが、誕生日が近かったので誕生日プレゼントを貰ったような幸せな気分です(笑)。ひとりでじっくり聴いて作品世界に浸るのが一番楽しいんですが、今回は自分も何か佐野さんに出来る事(まあつまりリスペクトなわけですが)が出来る事があるんじゃないかということでいつもとちょっと趣向を変えて聴きながらレビューを書くことにしました。まだ全然聴き返し足りないんでレビューも荒いし、毎度のことながら勝手な解釈ばかりですがですがそこはひとつご容赦を。

ジャケット、佐野さんの後ろでコヨーテが食事してるのが面白いですね(笑)。テーブルと椅子はあるのになぜか佐野さんがコヨーテにそっぽを向いてるようにみえるのも意味深です。

「君が気高い孤独なら」
アルバムのテーマを表しているような曲ですね。荒地の中をひとりで走っていく動物に我々の姿を例えてるんだと思いますが、非常に共感します。兎でもライオンでもなく、コヨーテというところが佐野さんらしいか(笑)。
ところで体動かさないでじっとしたまま聴いてるより、体を動かした方が健康に良いだろうと言う事でこのCD聴きながら踊り狂ってる私の魂は、果たして気高いんでしょうか?孤独である事は間違いないが(笑)。

「折れた翼」
最初静かな始まりでシンプルな作りなんだけど途中からだんだん厚みが増してきて面白い出来です。

「Us」
いかにもB面の1曲目ような、少し変わったメロディー&コードの面白い曲ですね。バンドの演奏も素晴らしいです。
Why can't we be friends?……これはWarというアーティストの曲にもそういうフレーズがありましたね。この普遍的なフレーズを佐野さん流の表現で表しているのが面白いです。

「ラジオ・デイズ」
私は80年代のラジオを聴いていた人間ではないので(小学生には佐野さんの良さって分かんなかったです)歌詞はそれほど共感するところはないんですが、曲の方はクールでめっちゃくちゃ格好良いですね。

「夜空の果てまで」、
「気紛れな愛のしるしを見つけにいこうぜ」……すごい面白い詩ですね。具体的に何を指してるのか分からないけど、なんとなくあれやこれや心当たりがあるような気がしてしまう。

「世界は誰が為に」
ご機嫌なロックンロールですね。「We've gotta change あなたがいくつだろうと」最近年を感じる私には刺激的を与えてくれる歌詞です(笑)。

「コヨーテ、海へ」
勝利ある……Show Real……目が点になってしまいそうなダジャレが突然飛び出すのが佐野さんの作品の面白い所ですよね。もちろんライムを踏んでるんですが、何か大きな意味があるような気がしてきてしまうから不思議です。

ラストトラック「黄金色の天使」
「黄金色の天使 捜し続けて……」何かもやもやしたイメージが残る、印象的な曲ですね。


私のメインでやってる百合サイトというのはもちろん佐野さんとは関係ないサイトなんですが、影響は大いにありますね。
社会に迎合して生きていけばいいのか、あるいはつっぱって反発して生きていけば良いのか迷ってた時期が90年代個人的にあったんですが、迎合しなくてもつっぱらなくても、ほんのちょっと工夫すれば自分の好きなように生きていけるじゃないかと教えてくれたのは佐野さんのような気がします。周りは分かってくれないと嘆いているより、分かってもらえるために分かりやすく自分を表現すれば良いということも教えてもらったような気がします。
百合好きという趣味も当時はなかなか周りに理解されずかなり孤独だったんですが、その後自分や自分の好きなものを表現する事を少しずつ覚えていった結果、今の百合サイトとして形に表す事が出来たんだと思います。私のサイトからこっちにやってきて、佐野元春を全然知らないという人もちょっとその辺は知っておいて欲しいですね。佐野さんがいなければ、今の私もいなかっただろうし、サイトもあったかどうかも分からなかったでしょう。



今回もブログパーツを配布してくれるという事でさっそく貼り付けてみました。「君が気高い孤独なら」の盛り上がりの部分ですが、今回も「星の下 路の上」と同様、やっぱりいきなり一番盛り上がってるところを聴いても良さはほとんど分からないでしょう。是非実際にCDを買って作品の全体の素晴らしさを確かめてみてください。

今日は夜にNHKのテレビとFMラジオのほうにも出演されるのでこちらも要チェック!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。